金粒(きんりゅう)銀粒(ぎんりゅう)

昨日、耳つぼのお話で金粒(きんりゅう)の
写真を載せました。
ついでに金粒(きんりゅう)銀粒(ぎんりゅう)
のお話をします。
IMGA0043IMGA0044
(写真は、クリックすると拡大します)
写真は、金粒(きんりゅう)ですが銀粒(ぎんりゅう)
との違いは、刺激する部分が金できているか
銀できているかの違いです。
金粒(きんりゅう)は、貼る はり の一つ
ですが円皮針(えんぴしん)と違い はり を
体に刺しません。
IMGA0043IMGA0018
(写真は、クリックすると拡大します)
左の写真が金粒(きんりゅう)で右が円皮針(えんぴしん)
です。よく見てもらえば分かりますが金粒(きんりゅう)
は、金色の玉がテープについています。
耳は、皮も薄く、すぐに骨なので円皮針(えんぴしん)
だと刺激が強いため金粒(きんりゅう)や
銀粒(ぎんりゅう)を使います。
金粒(きんりゅう)銀粒(ぎんりゅう)は、基本的
に体のどこの部分でも使えます。
鍼灸(はり きゅう)は、使う道具によっても
感じかたやイメージが変わってくると
思います。
そこもおもしろいところですね!

投稿者: yokohalio2240com6866

鍼灸師、爪切りおじさんの畑田篤人デス。手作りのホームページで見難いかもしれませんが、気長に見てください。