電気鍼は、太めの鍼でないっと、折鍼リスクが、、、

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は、曇り。気温:21.6℃/湿度:63%、日曜日の横浜は、曇りからスタートです。
今日は、折鍼に関してです。
折鍼っと、は、鍼が折れてしまうコトを言います。曲がるだけならまだしも、折れるのは、危険な事故に繋がりますので、注意したいモンです。先日、電気鍼を行っておりますっと、鍼を抜こうっと、しますっと、鍼が曲がっておりましたので、通電するコトにより、筋肉が収縮して、それにより鍼が曲がってしまった。そんな流れになるのですが、鍼が曲がった一番の原因は、細い鍼を使用していたからでしょうか。
普通、電気鍼をする際、鍼の注意書きでは、確か?5番鍼以上の鍼を使いましょう。なんて感じでしたが、畑田が今回、使用していたのが、1番鍼になりますので、以後、通電する際は、5番鍼を使わないっと、そんな風に思いました。

▼こちらが通電後、鍼が曲がってしまった状態です。前後の鍼比べれば、
折鍼対策
▲鍼が曲がっているのが分かります。▼抜針後、曲がった鍼を見ますっと、
折鍼対策
▲くの字に鍼が折れています。折鍼は危険な事故、自戒の意味を込めたブログです。

【オススメ関連記事】
▼鍼の柔軟性が折鍼リスクを軽減させます。
http://20080728.blog.jp/archives/1853066.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区/青葉区/港南区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆TEL:045-451-5850
◆メールはコチラです。:http://lionshinkyu.com/?cat=30
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2017 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

投稿者: yokohalio2240com6866

出張専門・らいおん鍼灸院の施術者である、鍼灸師の畑田篤人です。ちなみに足の爪切りもします。 手作りのホームページで見難いかもしれませんが、気長に見てください。