生活が不活発な病。文字通り、生活不活発病です。

こんにちは。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は、雨。気温:11.3℃/湿度:97%、朝からしっかりっと、雨が降っております。畑田は、雨が嫌いではないので、気になりませんが、、、

今日は、生活不活発病に関してです。

生活不活発病っと、は、文字通り、生活が不活発になると起こる病でして、活動性の低下により、心身に不調をきたす、そんな病気になります。どんな風に心身の不調をきたすのか例を挙げますっと、、、

筋力低下。体力低下。転びやすくなる。認知症になる。関節の拘縮。じょうそくになる。骨がもろくなる。むせやすくなる。声がでなくなる。歩くのが遅くなる。疲れやすくなる。寝たきり状態になる。食欲低下。意欲の低下。失禁する。など、など、症状っと、して、例を挙げますっと、まだまだあるのですが、、、

生活不活発病を治すには、答えは簡単でして、活動性を高めれば、状態は良くなっていきます。これから数日、雨が降りまして、体を動かし難い時期になりますが、お天気になりましたら、外に出るなどして、体を動かしていきましょう!

【オススメ関連記事】
寒さが高齢者の生活不活発病に繋がります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆施術を希望されるお客様へ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。足の爪も出張で切りますよ!
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区/青葉区/港南区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
◆TEL:045-451-5850
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。

Copyright (C) 2011-2017 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

投稿者: 畑田 篤人

出張専門・らいおん鍼灸院の施術者である、鍼灸師の畑田篤人です。ちなみに足の爪切りもします。

手作りのホームページで見難いかもしれませんが、気長に見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です