崑崙(こんろん)太ケイ(たいけい)の鍼灸(はり きゅう)動画

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、鍼灸
(はり きゅう)の動画をお見せします。
9月20日に崑崙(こんろん)の経穴(つぼ)について書きま
したが、今回は、崑崙(こんろん)、太ケイ(たいけい)の鍼灸
(はり きゅう)動画になります。


鍼灸(はり きゅう)の説明をする時は、文章や写真も伝える
手段ですが、私、個人的には、鍼灸(はり きゅう)動画が
慣れてくれば、一番、伝えやすいです。

リハビリボール

こんにちは、鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、朝、はり きゅう の疑問を更新できませんでしたので、仕事のお昼休みに更新します。
P1000741P1000742
(写真をクリックすると拡大します)
写真は、リハビリボールになります。ボールをよく見るとトゲトゲがついてますがリハビリボールで遊ぶとトゲトゲが脳を刺激して脳を活性化します。
たまに、鍼灸(はり きゅう)以外のこともお話します。

捻挫(ねんざ)の鍼灸(はり きゅう)治療

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。
だんだんと朝が少し寒くなってきました。昼と朝との温度差
がありますので体調管理を気よつけましょう。
捻挫の鍼灸(はり きゅう)治療の続きですが、基本的に捻挫
は、クセになりやすいです。
P1000734P1000738
(写真をクリックすると拡大します)
捻挫をすると足首の靭帯が伸びて足首がゆるくなります。
靭帯は一度、伸びると元に戻らないので足首をテーピングで
固定したりサポーターで補強したり、足首の筋肉を強化して
捻挫を予防します。
写真の左側は、テーピングで固定、ガチガチに固定した
写真です。
写真の右側は、サポータで足首を固定しているイメージです。
(写真は、サポータが無かったのでテーピングで代用しました)
足首の筋肉を鍛えて捻挫を予防する運動は、また別でお話します。

捻挫(ねんざ)の鍼灸(はり きゅう)治療

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。
今日は、秋分の日です。お休みの人も多いと思います。
でも はり きゅう の疑問は、更新しますので見て
ください。
昨日の続きで捻挫の鍼灸(はり きゅう)治療のお話です。
私の場合、捻挫の程度や痛み、捻挫してどれくらい時間が
たったかによっても鍼灸(はり きゅう)治療は、変わり
ます。
IMGA0036IMGA0035
(写真をクリックすると拡大します)
写真は、陽陵泉(ようりょうせん)に鍼(はり)を打った
写真ですが捻挫の時は、基本的に炎症があるので膝まわり
の経穴(つぼ)を基本的に取ります。
炎症が軽いのであれば、捻挫した部分のまわりにも鍼(はり)
を打っていきます。
基本的に炎症の程度で鍼灸(はり きゅう)治療は、変わります。
捻挫の鍼灸(はり きゅう)治療は、分けてお話します。

捻挫(ねんざ)の鍼灸(はり きゅう)治療

 
おはようございます。はり きゅう(鍼灸)の疑問を書いている
鍼灸師の 畑田 篤人 です。
今日は、仕事をしてから夜は、歯が痛いので歯医者に行きます。
今日は、コメントで捻挫の治療は、どうしてますか?
と質問がありましたので捻挫の鍼灸(はり きゅう)治療を
書いていきます。
私は、現在もラグビーチームに所属していますが練習でも試合
でも捻挫や打撲などは、多いです。
IMGA0034IMGA0033
(写真をクリックすると拡大します)
写真は、コールドスプレーと足首を捻挫した時のイメージ写真
です。(足首の写真は、見にくいかもしれません)
まず捻挫は、応急処置が重要です。
予防(患部の保護、固定、消毒)
休息(安静を保ち、使わない)
冷やす(氷で冷やす、出血や腫れの悪化防止)
圧迫(腫れを防ぐ、回復時間の短縮)
心臓より高くあげる(腫れと痛みをやわらげる)
診断(早期の診断と治療により回復を早める)
の6個が捻挫の応急処置では重要です。
応急処置がしっかりしていれば、痛みがひくのも早いです。
捻挫くらいでは、なかなか病院に行く人は少ないですが腫れや
内出血がひどい時は、靭帯が断裂している可能性があるので
すなおに病院にいきましょう。
捻挫の鍼灸(はり きゅう)治療は、何回かに分けてお話します。

9月15日~20日のまとめ

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、
日曜日で仕事は、お休みですがお昼から夕方までセミナー
に参加します。
今日は、15日~20日までのまとめです。
15日(月)は、灸点紙(きゅうてんし)のお話でした。
16日(火)は、お灸(きゅう)のお話でした。
IMGA0059IMGA0060
(写真をクリックすると拡大します)
IMGA0006IMGA0060
お灸(きゅう)は、すごく熱いものではありません、灸点紙
(きゅうてんし)などを使い刺激を弱めることも出来ます。
お灸(きゅう)のイメージを変えたいですね。
17日(水)18日(木)19日(金)は、お灸(きゅう)動画
を公開しました。



見えにくい部分は、写真でも補足しています。
IMGA0013IMGA0014
(写真をクリックすると拡大します)
写真は、お灸(きゅう)を手にどれくらい持ってるのか?
お灸をひねっている時の写真などです。
実は失敗した動画も公開しました。

小さな失敗を積み重ねて はり きゅう の疑問 は、
出来てます。
20日(土)は、経穴(つぼ)の崑崙(こんろん)のお話です。
IMGA0029IMGA0027
(写真をクリックすると拡大します)
崑崙(こんろん)は、外くるぶし と アキレス腱 の間に
経穴(つぼ)を取ります。
全身調整や腰痛などに効果があります。
今週は、お灸(きゅう)のお話が多かったです。動画や写真を
多く公開できました。少しでも多くの人が はり きゅう(鍼灸)
を知ってもらえれば良いと思います。
月曜は、捻挫(ねんざ)について書いていきます。
よろしく!

崑崙(こんろん)

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、午前中
は、仕事をして午後は、勉強会に行ってきます。
少し気になるのが台風13号です。
今、横浜は、雨は降ってませんがどうなるのでしょう?
あんまり気にしてもしょうがないので鍼灸(はり きゅう)の
お話をします。
今日は、経穴(つぼ)のお話です。
崑崙(こんろん)
崑崙(こんろん)は、外くるぶし とアキレス腱の間のくぼみ
に経穴(つぼ)をとります。
IMGA0029IMGA0027
(写真をクリックすると拡大します)
写真は、男性の足と女性の足です。外くるぶし の近くに
鍼(はり)が刺入(しにゅう)してるのが崑崙(こんろん)
の経穴(つぼ)です。
崑崙(こんろん)の経穴(つぼ)の効果は、全身調整でも使い
ますが、腰痛やギックリ腰でも使います。
腰痛やギックリ腰の時に崑崙(こんろん)などを使うのは、私
としては、好きな治療のひとつです。
(腰痛やギックリ腰の症状にもよります)
崑崙(こんろん)は、中国に崑崙山(こんろんさん)と呼ばれる
山があり、そこから名前を付けています。
今日は、崑崙(こんろん)の経穴(つぼ)のお話でした。
経穴(つぼ)のお話は、ブログでも何回か書いてるので
検索して見てください。

お灸(きゅう)の失敗動画

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、
朝一番でブログを更新できました。
今日は、お灸(きゅう)動画の失敗して公開できなかった
作品を見せようと思います。

まず、線香(せんこう)に上手く火がつきませんでした。
そしてお灸(きゅう)も一回で体に置けませんでした。
そして最後は、笑ってしまいました。
いつも写真や動画を撮影する時は、仕事場の仲間に協力して
もらい鍼灸(はり きゅう)の動画や写真が完成しています。
もちろん、失敗も数多くありますが、小さな失敗を積み重ねて
はり きゅう の疑問 は出来ています。
鍼灸(はり きゅう)の撮影は、1人では、撮影できないため
協力してくれる人には、感謝しています。

お灸(きゅう)動画の補足

今日は、ブログの更新が遅くなりました。鍼灸師の
畑田 篤人です。
今回は、昨日、流したお灸(きゅう)動画の見えにくかった
部分を写真で説明します。
IMGA0013IMGA0014
(写真をクリックすると拡大します)
私は、お灸(きゅう)をひねるときに写真の右側くらいの量を
持っています。
写真の左側は、お灸(きゅう)をひねって、取り出すとき
の写真です。
親指とひとさし指の間にあるのがひねったお灸(きゅう)に
なります。
拡大して見てください、よく見ると見えます。
まだ動画を見てない人は、カテゴリの はり きゅう 動画
に はり きゅう の動画があるので見てください。

お灸(きゅう)の動画

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。
今日は、お灸の動画が完成しました。少し見にくいかも
しれませんが、見てください。



今回は、お灸の動画ですが、使っている経穴(つぼ)は、
大腸ユ(だいちょうゆ)
腰痛で一番、使う経穴(つぼ)になります。
今回は、お灸の動画を撮影しましたが、まだまだ上手く見せる
のには、苦労します。
これからも、鍼灸(はり きゅう)の写真や動画を載せていきます
ので、よろしく!