鍼灸の全身調整

こんにちは、鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、仕事が早く
終わりましたので、めずらしく夕方に更新します。
今日は、鍼灸の全身調整です。鍼灸は、体が辛い時に鍼灸を
しますが、健康を維持するためにも鍼灸をします。
普段から鍼灸やマッサージ、適度な運動など健康を意識して
いる人と意識していない人とでは、怪我や病気などをした時
の回復力や症状の程度が違ってきます。
鍼灸は、自律神経や内分泌系の働きを調整してあげたり免疫力
を高めたりと効果は色々とあります。
これから冬になり寒くなってきますので風邪を引いたり冷えか
ら体の痛みがでてきたりと色々と症状がでてきます。
日頃からの予防で適度な運動や鍼灸、マッサージなど健康を
意識してみては、どうでしょうか!
今から私もジムに行ってきます!

休憩時間

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今週も気がつい
たら金曜日です。一週間が凄く早いような気がします。
今日は、鍼灸師 畑田 篤人の休憩時間を書いていきます。
仕事を効率よくこなすには、休憩時間は重要だと考えています。
P1000981P1000983
(写真をクリックすると拡大します)
写真は、休憩時間の風景です。ご飯を食べたり、携帯のメールを
したり、本を読んだり、自分に鍼を打ったりと基本的には、自由
に時間を使っています。
鍼灸マッサージは、集中力や体力を使う仕事なので休む時は、
休み、働く時は、働くとメリハリをつけています。
それでは、仕事に行ってきます。(がんばるぞ)

提鍼(ていしん)

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。朝にブログを
更新していますが私は、寒さに強くないので朝が冷えてきたな
と思います。
今日は、提鍼(ていしん)を書いていきます。
P1000979P1000980
(写真をクリックすると拡大します)
提鍼(ていしん)は、体に刺さない鍼のひとつです。提鍼(てい
しん)は、先端が丸くなっています。体に当てるとバネがきいて
いますので心地よい刺激が得られます。
提鍼(ていしん)は、体に刺さない鍼なので刺激も弱く誰でも、
使える鍼です。
私は、提鍼(ていしん)は、使いませんが誰でも簡単に使えます
ので使ってみては、どうでしょうか!
朝は、だんだんと寒くなってきましたが仕事に行ってきます!

三稜鍼(さんりょうしん)

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。横浜は、まだ
暗いです。
今日は、三稜鍼(さんりょうしん)を紹介します。三稜鍼は、
鍼のひとつではありますが、普通の鍼と少し違います。
P1000975P1000978
(写真をクリックすると拡大します)
三稜鍼は、皮膚を切り、血を出してあげる鍼の道具のひとつに
なります。
体の鬱血している部分や炎症している部分などに使います。
写真の右側を拡大して見ると、鍼がでています。普通の鍼と比
べると少し太いですが皮膚を切る時の痛みは、思ったより痛く
はないです。
最近は、使い捨ての注射器の針を使って皮膚を切る人もいま
す。
私も三稜鍼は、施術してもらいましたが効果としては、肩こり
や炎症して痛みが激しい時など楽になる印象があります。
私は、施術では、三稜鍼は使いませんが今回は、紹介させてい
ただきました。

鍼の禁忌

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。だんだんと朝が
冷えてきました。気がついたらもう11月なので冷えてきてあた
りまえかなと思います。
今日は、鍼の禁忌を書いていきます。鍼は、なんでも打ってよい
わけでは、ありません。
症状や体の状態によってダメな時もあります。
高熱の時
血圧が異常に高い時や低い時
精神的に錯乱している時
感染症の疑いがある時
などが、挙げられます。ここに書いていない禁忌もありますが、
一番は、鍼灸師が患者の話を聞いて判断するのがベストだと思
います。
今日も仕事なので行ってきます!がんばるぞ!

鍼灸師の消毒

 
おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、三連休
の最後です。天気は、横浜は、曇りです。
IMGA0004IMGA0003
(写真をクリックすると拡大します)
今日は、鍼灸師の手の消毒です。鍼やお灸をする時に直接、肌
に手が触れるため手の消毒は、かなり重要です。
鍼やお灸、マッサージもそうですが、施術に入る前に石鹸で手
を洗った後にアルコールで手をさらに消毒します。
これから冬になり風邪が引きやすいシーズンになりますので、
手洗い、うがいは、まめにしましょう。
(写真の左側は、ハンドソープです)
(写真の右側は、アルコール消毒です)

10月27日~11月1日 はり きゅう の疑問 総週編

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、総週編
を書いていきます。
10月27日~11月1日 はり きゅう の疑問 総週編
27日 お腹の経穴(つぼ)天枢(てんすう)
28日 急性腰痛(ぎっくり腰)その4
29日 お尻の役目
30日 環跳(かんちょう)
31日 鍼灸師の手
11月1日 鍼灸師の自己主張
今週も はり きゅう の疑問 は、色々と書いていきました。
その中でも今週は、鍼灸師の手をもう一度、見ていきます。
鍼灸師の手
P1000968P1000969
(写真をクリックすると拡大します)
写真は、畑田 篤人 の手になります。手は仕事柄、大切な商売
道具のひとつになります。
手は、その人の仕事、生活、人生などがでてくると思います。よ
く注目して見てください。
11月に入り、今年もあと2ヵ月です。はり きゅう の疑問を頑張
って更新していきますので、よろしく!

鍼灸師の自己主張

 
おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日から世間 
は、三連休です。天気が晴れればと良いなと思います。
今日は、鍼灸師の自己主張を書いていきます。世の中色々な
仕事があり色々な人が働いています。
料理人は、作る料理で自己主張します。
大工は、作る家で自己主張します。
歌手は、歌うことで自己主張します。
鍼灸師は、鍼を打ったり、お灸をしたり、マッサージをする事で
自分を表現したり、自己主張します。
私は、色々な鍼灸師を知っていますが、鍼の打ち方や、お灸の
やりかたなど基本は、同じですが鍼灸師によって違いがでてくる
と思います。
IMGA0022IMGA0006
(写真をクリックすると拡大します)
人の意見も大切ですが、自分の味やスタイル考え方を大切に
しようと思います。
それでは、仕事に行ってきます。(がんばるぞ!)

鍼灸師の手

こんばんは、鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、ブログの更新
が夜になってしまいました。三連休前の金曜日ですので町は、
にぎやかでした。
今日は、鍼灸師 畑田 篤人の手を書いていきます。
P1000968P1000969
(写真をクリックすると拡大します)
鍼灸師の仕事は、人の体に触る仕事なので手は、治療家として
重要だと考えています。
爪を切るのは、もちろんですが手が荒れないようにハンドクリー
ムを使ってみたり冬は、手が冷えないよう注意しています。
自分の手も気になりますが、良く人の手を仕事柄よく見ていると
思います。
手は、その人の仕事、生活、人生など色々と表現していると思う
からです。
はり きゅう の疑問を見てくださっている皆様、自分の手は、
どんな手をしていますか?

環跳(かんちょう)

おはようございます。鍼灸師の畑田 篤人です。今日は、お尻の
経穴(つぼ)のお話です。
お尻にも経穴(つぼ)は、ありますがその中で今日は、環跳(か
んちょう)を紹介します。
環跳(かんちょう)
BlogPaint
(写真をクリックすると拡大します)
写真の赤丸をしている部分が環跳(かんちょう)になります。
効果としては、お尻の痛みや、坐骨神経痛、運動障害など色々
と使えます。
私は、環跳(かんちょう)は、腰痛やぎっくり腰の治療で使う
経穴(つぼ)のひとつです。
写真が少し見にくいですが、新しく見やすい写真ができました
ら、またお見せします。