体調を崩しやすい年末年始・・・体調管理に注意です。

らいおん鍼灸院の年末年始のお休みは、12月29日~1月5日までお休みさせて頂きます。
おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温3.8℃/湿度53%、この時期らしい、空気がピリッとした朝です。
今日は、年末年始の体調管理に関してです。
今年も残るところ、後6日になりました。何かと気が急いでしまう今日この頃ですが、こんな時期だから注意したいのが、体調管理になります。(実は畑田も、4日~5日前から少し体調不良を感じていまして、仕事を調整しながら、体を休めていました。だから身を持って、この時期の体調管理の重要性を認識しているのです。)

▼畑田は単純ですので、栄養ドリンクを飲んだだけで、調子が上向きに、、、
ユンケルゴールドa
▲うがい・手洗いは勿論ですが、睡眠をしっかりとることも大切です。

年末年始。この時期は特に不規則な生活になりますから、体調を崩さぬよう注意したいですね。
【オススメ関連記事】
▼正月休みは規則正しい生活で体調管理を、
http://20080728.blog.jp/archives/1777720.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

日経新聞~「消えた年金2000万件なお不明」他人事ではない!

らいおん鍼灸院の年末年始のお休みは、12月29日~1月5日までお休みさせて頂きます。
おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温5.6℃/湿度54%、三連休明けの横浜は、スッキリ晴れそうですね。
先日の日経新聞に、消えた年金問題に関する記事が、掲載されてました。記事の内容を読みますと、厚生労働省の特別委員会は20日、政府のずさんな管理で持ち主がわからなくなった「消えた年金」5000万件超のうち、2112万件が未解明のまま残っていると発表した。とのこと。※下線部:日経新聞~引用。

▼「消えた年金」畑田も他人事ではありません。
日経新聞・消えた年金
◆2013/12/21-日経新聞3面に掲載。

・2007年時点:持ち主不明の記録が、5095万件。
▼2013年9月時点
1:統合済み:1738万件
2:死亡確認などで解明:1245万件
・1+2=解明済み:2983万件
3:現在調査中:4万件
4:「ねんきん特別便」を送ったが未回答など:863万件
5:手がかりなし:927万件
6:他の未解明記録と重複の可能性:318万件
・3+4+5+6=2112万件
上記は、日経新聞の記事で書かれています、消えた年金の現状です。政府は、記録解明の集中作業期間を今年度で終える方針とのことですが、まだ未解明の記録が、2112万件もあり、さらに記事を読みますと、2012年度にあった、公的年金の支給保険徴収などにかかわる事務処理ミスは2670件、あると言いますから、自分で自分の年金記録を管理する意識が、必要になります。(年金説特別便やネットで記録を確認できますので、、、)
畑田も実は、年金未納の期間が2ヶ月ほどありまして、それは鍼灸学生時代、年金の学生免除か猶予の手続きを2ヶ月し忘れまして、そこの2ヶ月が未納期間となっております。後で年金特別便で、その事実を確認しまして、電話で問い合わせてみると、後納できるとのお話しでしたが、畑田は後納はしませんでした。(確か後納できる期間も決まっていまして、今は過ぎていますので、この2ヶ月に関しては、未納のままです。)
この2112万件が未解明。こんな数字を見ますと、年金に対して不信を抱くのは、分からなくもないですが、ただ現実問題として、老後の生活を考えていくうえで、年金は外せないのも事実になります。年金に対する不信。しかし、現実を見据えた場合、年金を納めない選択は、ありえないと畑田は考えていますよ。
【オススメ関連記事】
▼国民年金を支払わない場合、老後の備えは自己責任です。
http://20080728.blog.jp/archives/1820992.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

お恥ずかしながら。まだ鍼灸養成校時代の教科書を使っています。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は曇り。気温5℃/湿度92%、道路は濡れていますが、雪・雨は降っていません。
今日は、畑田が日々仕事で使用している、資料に関してです。
お恥ずかしながら、畑田は、鍼灸養成校を卒業して10年近く経ちますが、まだ養成校時代の教科書を、資料として使っています。(他にも個人的に解剖学の教科書や子供図鑑・経穴の本、等、等、購入しておりますが、、、)

▼読むたびに、まったく勉強しなかった学生時代を思い出す。
鍼灸養成校・教科書
◆鍼灸師として必要な知識はバッチリ掲載。さすが教科書です。

畑田の場合、ブログを書きますので、時より書いている途中に、疑問や分からないことがあれば、調べて書くようにしています。そこで基本にしているのは、東洋療法学校協会が作成している、教科書になるのです。卒業すると、教科書を捨てる人もいるけど、絶対に調べる時がきますので、持っていた方が良いのです。(ページをめくると、時より線が引いてあったり、落書きがあったりしてね、圧倒的に落書きが多いんだけど、時より資料として眺めていると、あの学生時代を思い出しますね。バイトと遊びに明け暮れたね?)
【オススメ関連記事】
▼畑田の鍼灸養成校時代を少し振り返って
http://20080728.blog.jp/archives/1808077.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

日経新聞・春秋:万引高齢者対策に居心地の良い街づくりを。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は薄曇。気温6.9℃/湿度63%、今日は午後から雪か雨の予報となっております。空気が乾燥していましたので、恵みの雪・雨になるでしょうか。
先日の日経新聞・春秋に、万引高齢者に関する記事が、掲載されていたのですが、読んでいて、万引高齢者の孤独を、上手く書かれている、っと、思いましたので、ついついブログで書かせて頂きました。

▼様々な万引高齢者の記事を読みましたが、孤独の部分が上手く書かれています。
日経新聞・万引高齢者
◆2013/12/16-日経新聞1面に掲載。

親のような年長者に「盗むのはいけない」と説く警察官の困惑
昔なら買い物ついでに会話があった。「店先から会話が消えたことも、お年寄りの孤独感を深めたのでは」
街の居心地を良くし、罪を犯す人も減るよう、もっと工夫が生まれてもいい気がする
クリスマスに年末年始と、にぎわいが独り生きる人の心を乱す季節が来た。思い悩む人たちに居場所とつながりを作る。そんな発想もビジネスの芽になる
上記下線部の単文は、畑田が記事を読んで、あぁ~っと、納得してしまった記事部分です。(記事丸々書くのは、大変ですので、記事を読みたい方は、写真をクリックすれば拡大して読めます。)
人が抱えている孤独は、様々ですが、孤独を紛らわす。又は、解消する手段が、犯罪行為とは、いかがなものかと思ってしまいます。昔は引きこもりはなかった。それは何故か?引きこもる部屋がなかったから。こんなことを聞いたことがあります。孤独が原因となる、万引高齢者の解決策!意外と単純な方法があるかもしれませんね。
【オススメ関連記事】
▼孤独?認知症?万引高齢者が増加傾向です。
http://20080728.blog.jp/archives/1826213.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

個人的な話題「国民年金基金・増口」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温5.7℃/湿度34%、空気が乾燥しており、ピリッとした寒さを感じる朝です。
先日、畑田家のポストに、国民年金基金・増口に関するお知らせが投函されており、11月が誕生日の畑田は、誕生日月に増口しますと、粗品が頂けるとのことで、せっかくだから増口しました。

▼そしたら本当に、粗品で「QUOカード」を頂きました。
神奈川県・国民年金基金
◆そう言えば、先日の日経新聞に、低迷する国民年金納付率を改善するお話しが、

国民年金基金とは、畑田のような、自営業、又は、自由に生きられている方(非正規雇用)が、老後、国民年金に上乗せするための、公的年金です。(貯金をたくさんするか、資産収入でもない限り、国民年金だけでは、老後の生活は厳しいと思います。)
先日、日経新聞に、国民年金の納付率が低迷しており、その改善策として、高所得の方からは財産を差し押さえる等し、強制徴収する法案の提出を行うそうな、無職の人等に、納付を猶予する制度は、対象年齢を拡大するそうで、所得に応じた対応で、納付率低迷の脱却を目指しているそうです。(確かに国民年金に対する、不信感は分からないわけではないですが、、、国民年金に加入している場合、障害者になった場合に、障害年金を頂けるので、加入しない方が、危険なような気がしますが、、、)
国民年金を支払わない場合、老後の備えは自己責任になります。今や人生80年の時代。日本人は長生きです。畑田は仕事柄、色々と考えますが、時より、自分はいくつまで働くのか?老後はどうするのか?時より、考えてみては、いかがでしょうか。
【オススメ関連記事】
▼国民年金を支払わない場合、老後の備えは自己責任です。
http://20080728.blog.jp/archives/1820992.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

「親知らず抜歯」噛める喜びを噛みしめています。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温6.1℃/湿度66%、ここ数日と比べると、肌寒く感じる朝でしょうか。
畑田は昨日の月曜日、親知らずを抜歯してもらいました。抜歯後、それまで痛くて、片側で物を噛んで食べていましたが、昨日の昼頃から、通常通りの両側で噛んで食べれますので、美味しくご飯が食べれ、嬉しい限りです。

▼噛み応えのあるフランスパンも、美味しく食べれます。
おさつフランス
▲悪くならないと分からないですが、しっかり噛めることのありがたさに感謝です。

歯が1本ダメなだけで、上手く噛めないし・美味しく食べれないし・炎症が強かったのか?ズキズキするし・頚や肩が凝るしで、まぁ大変でした。たかだか歯1本なんですが、どんなところから、体の不具合の原因になるか、分かりませんね。
【オススメ関連記事】
▼80歳で自分の歯が20本「8020運動」です。
http://20080728.blog.jp/archives/1800931.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

空き家が増加中「1都3県で10年前より2割増」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温7.8℃/湿度80%、湿度が高いからか、そこまで寒く感じない朝です。
昨日の日経新聞に、「1都3県で空き家増」。こんな記事が、掲載されていました。記事の内容を読んでみると、1都3県で、空き家が10年前より、2割増えており、少子高齢化が背景にある。とのこと。

▼畑田も仕事をしていて、空き家の増加は感じております。
日経新聞・空き家対策
◆2013/12/3-日経新聞35面に掲載。

畑田は、横浜市内外をサーキットして仕事をしています。市街地より、どちらかと言いますと、住宅街に行くことが多いのですが、一部地域により、空き家が増えているっと、感じております。記事では、埼玉県の住宅1割が空き家、東京都世田谷区では、7.6%が空き家であり、その数3万6千戸、こんな数字も書かれております。
文藝春秋の何月号だか忘れましたが、30年後の人口激減時代、確かこんな感じのテーマだったっと、思いますが、そこで書かれていたことを少し思い出したのですが、30年後の都市部では、廃墟マンションがあちこちであり、様々な理由で取り壊すことができない、こんな記事が書かれていたのですが、この話しは、あながち間違いではないっと、畑田は感じております。
先ほど述べたように、仕事で空き家を見る機会が、多いのですが、確かに取り壊すこともできず、古びた家や、庭の手入れをしないため、草がボウボウの家を見ることは、少なくありません。空き家を福祉や交流の場っと、言いますが、これだけ都心部で空き家が多ければ、福祉・交流の場だけでは、空き家を埋めることはできませんので、廃墟となった、マンションや空き家を、取り壊しやすくするルール作りも必要なのではっと、感じております。
これから日本は、少子超高齢化がさらに進み、様々な社会問題が噴出してきます。悲観的になるのではなく、日本の転換期にあるのですから、転換した後の日本が、素晴らしい国になるよう、皆で考え・賢く対応していきましょう!(国の問題ではなく、自分の問題と考える、当事者意識も必要ですね!)
【オススメ関連記事】
▼少子高齢化は横浜特別自治市への転換期?
http://20080728.blog.jp/archives/1823922.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

(続)畑田が考える「鍼灸師・生存論」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温7.1℃/湿度69%、これくらいの寒さなら、まだ寒い・寒いっと、ならない朝でしょうか。
昨日のブログで、鍼灸師の免許者登録数&就業者数を見ていきましたが、今日は、そこから考える、「鍼灸師・生存論」に関してです。(昨日のブログに引き続き、畑田の主観がたっぷり入っていますので、話半分で聞いて頂ければと思います。)
▼ちなみに昨日のブログはコチラです。
http://20080728.blog.jp/archives/1824906.html
昨日のブログの冒頭で、「鍼灸師で食べて行くのは厳しい」。「鍼灸師の10年生存率は2割」。こんなことを書きました。畑田は、18歳で鍼灸養成校に入り、20歳頃から整体院でバイトしながら、鍼灸学生をしていました。今年30歳ですから、鍼灸業界に学生時代を合わせれば、10年以上います。「鍼灸師で食べて行くのは厳しい」。「鍼灸師の10年生存率は2割」。10年、鍼灸師をしていて、これは過去の話しであるっと、感じております。
話しが長くなるといけませんので、簡潔に書こうと思いますが、鍼灸業界の未来は、明るいと感じております。っと、言うより、明るいでしょう。(おもいきって言い切ります。)
理由は色々とありますが、1番の理由、、、それは、「鍼灸の独自性」でしょうか。
「一本の鍼と一握りの艾で治療する」。この言葉は、鍼灸師なら1度は耳にしたことがあるっと、思います。まさにこの言葉の通り、鍼を体に刺して・お灸を燃やして、、、こんな治療方法、他にあるでしょうか?言葉で書いていても、独特な感じがします。しかも日本の場合、国がちゃんとした医療職として認めているため、国家資格でありますし、健康保険の利用も認められておりますので、間口も広くなっております。(もし鍼灸師が国資でなければ、やはりちょっと怪しい感じがするでしょう。)
畑田が考える「鍼灸師免許者登録数&就業者数」から見る「鍼灸師・生存論」。昨日のブログは、数字が並んでいますので、根拠がありますが、今日のブログは、畑田が実際に鍼灸師として仕事をしてきた、経験から考えてきたお話しになります。「鍼灸の独自性」を活かして行けば、いつの時代も鍼灸師の未来は明るいですよ!(鍼灸師の仕事は鍼灸師しかできませんし、それプラス独自性。鍼灸師は素晴らしいのです。)
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

「鍼灸師免許者登録数&就業者数」から見る「鍼灸師・生存論」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は、スッキリ晴れていますよ!気温5.2℃/湿度72%、空気が冷んやりした、気持ちの良い朝です。
今日は、「鍼灸師免許者登録数&就業者数」から見る「鍼灸師・生存論」に関してです。(畑田の主観がたっぷり入っていますので、話半分で聞いてください。)
畑田が鍼灸養成校に通っている頃、「鍼灸師で食べて行くのは厳しい」。「鍼灸師の10年生存率は2割」。こんなことを耳にしたことがあります。2年前のブログ記事を見ていると、鍼灸師の免許者登録数&就業者数から、鍼灸業界って?どうなの?こんな感じで書かれているブログがありましたので、読みながら24年度の資料を見て、畑田なりの、「鍼灸師・生存論」を考えてみました。
まずは※1::平成24年度のはり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の免許者登録数を見てみると、
・はり師:155,661人(96,918人)
・きゅう師:154,299人(95,908人)
・あん摩マッサージ指圧師:185,742人(151,338人)
上記3点は、平成24年度の数字です。ちなみに()内の数字は、平成4年度の免許者登録数です。20年かけて鍼灸師は約5万8千人強増えております。あん摩師は、約3万4千人強増えております。それでは就業者数はどうでしょうか?※2:平成24年度の就業者数を見てみるっと、、、
・はり師:100 ,881人(54,780人)
・きゅう師:99 ,118人(55,111人)
・あん摩マッサージ指圧師:109 ,309人(76,433人)
上記3点は、平成24年度の数字です。ちなみに()内は、平成24年度の免許者登録数から、就業者数を引いた数字になります。登録者数と就業者数のギャップを見てみると、鍼灸師は3割5分くらいの方が、あん摩師は4割くらいの方が、免許を取得してから、就業していないことになります。
ただこの数字は、あくまで参考中の参考にしかならないっと、考えております。なぜなら畑田もそうですが、1人で鍼灸師の2種免許を取得している人もいれば、鍼灸あん摩師の3種免許を取得している人もいるからです。なので畑田が考えるに、実際に鍼灸あん摩業界で就業している人は、う~ん、、、感覚的になりますが、10~12、3万人くらいが良いところでしょう。(そして年齢的に働けなくなった、等、等の理由も多数だと思います。。。)
そしてここから本題の、畑田が考える鍼灸師・生存論に入るのですが、文章が長文になったため、ブログを分けて書きますので、こちらで今日は〆させて頂きます。それでは失礼致します。(本当の理由はブログを書いていたら、お腹が空いてしまったので、すいません。)
【参照資料】
▼※1:東洋療法研修試験財団-年度別登録者数
http://www.ahaki.or.jp/registration/enrollment.html
▼※2:就業あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師及び施術所
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/12/dl/h24_ahaki.pdf
【オススメ関連記事】
▼はり師・きゅう師・免許登録者数はどれくらい?
http://20080728.blog.jp/archives/1667870.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※施術中は留守番電話設定です。留守番電話に用件をお願いします。
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

横浜市の一般・特別会計とも1番の支出は福祉・保健・医療です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温7.1℃/湿度42%、少し肌寒く感じる朝でしょうか。
先日、謀区役所を歩いていましたら、「ハマの台所事情:横浜市の家計簿」。こんな冊子が、無料で置いていましたので、一部頂いて、パラパラ見ていると、横浜市の支出は、福祉・保健・医療に1番、使われているっと、読んでいて感じました。

▼横浜市の会計は、一般・特別・公営企業会計の3つの会計に分かれています。
横浜市・特別会計横浜市・一般会計
◆横浜市予算(全会計)は、3兆3,098億円/純計:2兆4,827億円。

横浜市の経済力は、ハンガリー・ニュージーランドより大きく、一国並みの経済力があるっと、言われています。その横浜市の税金の使い分けを見てみますと、一般会計の1兆4,353億円のうち、福祉・保健・医療に使われているお金は、4,131億円。特別会計では、1兆3,406億円のうち、国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療費に使われているお金は、6552億円。福祉・保健・医療が、支出に占める割合に対して、大きいことが分かります。
今、日本では、高齢化の影響により、毎年1兆円ずつ、社会保障費が増えるっと、言われています。国の話で、1兆円っと、言われても、あまり身近に感じませんので、地元の収支状況に占める、社会保障費の割合を見れば、我々が納めている税金は、社会保障費に使われるウエイトが、大きいんだな~っと、再認識させられます。
今、国では、社会保障制度の見直しが行われています。社会保障制度の見直しは、偉い先生方にお願いするとして、我々は、我々で、できることをやっていきましょう。できること!それは単純。元気でいることですね。(元気であれば、福祉・保健・医療っと、縁がないですからね。)
【オススメ関連記事】
▼低負担高福祉はありえない「社会保障 負担増」です。
http://20080728.blog.jp/archives/1809189.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)