愛犬に学ぶ「秋疲れ対処法」とは?

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温25.9℃/湿度68%、スッキリ晴れた気持ちの良い朝です。
先日、畑田の愛犬を眺めていて、あることに気がつきました。それは、夏の疲れがでやすい、今、秋の過ごし方、秋疲れの対処法でした。

▼こちらが、畑田の可愛い可愛い愛犬2匹です。
畑田の愛犬
◆奥がメス犬のアブリルちゃん。手前がオス犬のファルコンくんです。

ある日、散歩に連れて行こうとすると、オス犬は散歩に行くのですが、メス犬は散歩に行こうとしませんでした。「散歩に行くよ」。この言葉を発すると、いつもは、嬉しそうに玄関に走っていくのですが、この日は、メスのアブちゃんは、ソファーに寝転がったまま、抱えて玄関に連れて行っても、部屋に帰っていく?今日は散歩したくないのかな?っと、思い、オスのファルちゃんだけ、散歩に連れて行きました。
どうしたんだろう?散歩中に考えていると、あることに気がつきました。夏場は、犬が熱中症になってはいけないと思い、クーラーを効かせた部屋で留守番させ、それに加え今年の猛暑、もしかすると、アブちゃんは、夏の疲れを感じ、散歩に行くより、今日は部屋で休み、体力を温存する方法を選んだのでは?本能的に、秋疲れにならないよう、休息を選択したのでは?っと、思いました。(人間なら、体が疲れていても、仕事だろうが遊びだろうが、無理すると思います。いくら体が悲鳴をあげていようが、、、)
夏の疲れがでやすい、今、秋疲れの対処法、シンプルですが、体の声に正直に耳を傾け、疲れている時は、休む、休息する、サボる、ちょっと力を抜く、怠けているように聞こえますが、秋を越え、厳しい寒い冬を乗り越えるためにも、必要なのではないでしょうか。
【畑田の愛犬・関連記事】
▼極上の寝心地で極上の鍼灸治療を!
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1805401.html
▼鍼を安全に処理する「医療廃棄物業者と委託契約」
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1745250.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

日経新聞~「敬老政治」、40年の背伸び、保身はダメ・ダメ!

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温20℃/湿度44%、気温より湿度の低さが気になりますね。昨日の台風が、いっきに季節を秋に変えたのでしょうか。
昨日の敬老の日、高齢者の人口推移に関する記事を、掲載している新聞が、多かった印象ですが、65歳以上の高齢者が、毎年でありますが、過去最高とのこと。65歳以上の人口が、25%を突破したとのことで、4人に1人が高齢者になる、こんな記事が、各紙、掲載されていました。

▼日経新聞の核心、「敬老政治」。ホントそうだと思う、、、
日経新聞・核心・敬老政治
◆2013/9/16-日経新聞-4面に掲載。

畑田のスキャン機能だと、A4までしかスキャンできませんので、記事が切れてしまって申し訳ありませんが、日経新聞の核心のタイトルが、「敬老政治」、40年の背伸び、こんなタイトルなのですが、本当に的を射ている、っと、思います。記事の内容はタイトル通りで、高齢人口の増加&高齢者の投票率の高さ、~議員の方々は、当選するためには、制度に矛盾が孕んでいようが、限界だろうが、当選するためには、高齢者の方々に聞こえの良い政策を実施しなければ、議員として生き残れない、その積み重ねが、今の日本の社会保障制度の持続性&財政の逼迫する事態に、つながってしまった、こんな感じの内容が、書かれていました。
先程、人口推移について書きましたが、現在は4人に1人が65歳以上の高齢者ですが、2035年には、全人口の30%が、65歳以上の高齢者になる、っと、推計されています。(65歳以上の方々が増えても、その分、年少者が増えれば良いのですが、むしろ年少者は減少すると推計されていますので、少子超高齢化がさらに進みます。)
最近、思うんです。年齢を重ねてくると、人間、身の保身に走るんだな、っと、命を守ること、安全な場所で生活すること、人間の性であるとは思うんですが、今の日本のこれからを想像しますと、1人1人の身の保身を考えている状況ではないと思うんですね。
これから6年後の2019年には、ラグビーワールドカップが開催され、7年後の2020年には、東京オリンピックが開催されます。世界3大スポーツの祭典と言われる大会が、2年連続であるのですから、経済効果も凄いとは思うのですが、7年後に大きな祭典があるのだから、ウハウハで行くのではなく、国民の気分が高揚傾向である、この7年間に、社会保障制度の改革だけではなく、様々な日本の矛盾に、メスを入れていく必要があるのではないでしょうか。(この7年間、昔ながらの既得権にしがみついている方々だけが、潤う7年間では、ダメだと、畑田は感じています。)
【オススメ関連記事】
▼朝日新聞~「横浜市 将来像 2035年10人に3人65歳以上」
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1779702.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

横文字専門用語ではなく日本語で伝えよう。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は雨。気温28.2℃/湿度77%、台風の影響か?気温は高いですが、この時間の横浜は、雨はパラパラしている程度です。
ライブドアブログでは、ブログの管理画面に、前日に読まれた、人気記事が1位~5位まで表示されているのですが、畑田のブログで、1番読まれているのが、専門用語を解説している記事になるのですが、、、
▼「ストレングス」職種により意味が変わりますね!
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1623833.html
ある日、ふっと気がついたのですが、横文字の専門用語を使うのは、使っている本人、又は、同業種間では伝わりやすいのでしょうが、一般の人からすれば、専門用語で言われても、難しい印象を受けるだけで、微妙なのでは?っと、思ってしまいます。(専門用語を使えば、もっともらしいことを言っている気がするし、逆に言えば、分からず使っていて、胡散臭い感じがするし、、、どうなのでしょうか。)
例えば、介護支援におけるストレングスなら、、、?
・本人、周りの環境におけるプラス面(強み)。
・このプラス面を、伸ばす、活かすことにより、自立支援に繋げる、考え方。
上記2点をまとめて、上手く伝える表現を考えれる努力をした方が、良いのでは?っと、思ってしまいます。今パッと、良い例を示せませんが、横文字専門用語の使い方、1度、自分の中で、横文字専門用語で誤魔化していないか?ちゃんと理解しているのか?再確認する必要が、あるのではないでしょうか。
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

高齢者の「社会的入院」とは?

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温22.6℃/湿度80%、涼しく過ごしやすい朝です。
今日は、「高齢者の社会的入院」に関してです。
昨日のブログで、社会的入院を取り上げましたが、社会的入院を知っている方なら、スラスラ、っと、読めたかもしれませんが、知らない方からすると、ちょっと難しかったかもしれませんので、社会的入院を説明させて頂きます。
▼社会保障制度を持続するためにも制度の見直しが必要です。
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1815112.html
社会的入院とは、入院治療を目的としない高齢者の入院のことを言います。これの何が問題なのか?
・医療費の増加: 老人医療費を上げ医療保険の財政を圧迫する。
・長期療養が不十分な環境: あくまで治療病院になりますので、長期療養には不向きです。
上記の2点が、社会的入院の問題点です。2点の問題点を考えれば、誰もが社会的入院を選択しないと思いますが、畑田の印象ですと、必要とされている方がいる?っと、感じております。
理由としては、、、利用者側の理由&病院側の理由があります。
利用者側の理由、又は家族側の理由としても言い換えられるでしょうが、有料老人ホーム等、老人施設に入所するより、入院している方が、お金が安く手軽に入院できる、利用者自身より家族の理由が優先されている印象です。
病院側の理由としては、ベットを空けていても入院費が入ってこない、利用者にとって、良い悪い関係なく、病院の経営的な理由が、優先されている印象です。
家族・病院側の理由と聞きますと、なんて自分勝手な、っと、思われる方もいるかもしれませんが、現実として、お互いの理由が噛み合っているのですから、なかなか社会的入院がなくならない、っと、畑田は感じております。(後、地域によっては、社会的入院で成り立っている印象を受ける?病院もありますので、地域の病院として、経済・雇用、等、様々な観点から考えますと、社会的入院を一概に否定できないと感じております。もちろん身寄りのない方の受け皿としての側面もありますが、、、)
複雑な事情が絡んでいる社会的入院。これからの日本を考える上でも、医療・介護の現場だけで考えるのではなく、身近な問題として、皆で考えていく必要があるのではないでしょうか。
【オススメ関連記事】
▼畑田篤人の小言:カテゴリ
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/cat_49897.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

社会保障制度を持続するためにも制度の見直しが必要です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は曇り。気温21.6℃/湿度92%、とても涼しい朝です。急に涼しくなりましたので、体調管理に注意しましょう!
先日の朝日新聞に、要支援者の市町村移管に関する記事が、掲載されていました。記事の内容を読んでみると、社会保障審議会にて、要支援者向けサービスを、市町村の事業に移す案が議論されたとのこと、改革の支持は多かったものの、市町村によっては受け皿が整うのか?心配する声も多かったとのこと。

▼社会保障制度を持続するには、制度見直し必要不可欠なり。
朝日新聞・要支援市町村移管

◆2013/9/5-朝日新聞-7面に掲載。

先日、仕事の関係で、とある精神科の一般病棟に伺う機会がありました。そこで見たのは、精神科の一般病棟に入院されているのは、認知症高齢者の方であり、職員の方に聞きますと、ここは認知症の方が入院される病棟になります。っと、言っておりました。
入院されている方々を見ましたが、医療ニーズが高い方もいましたが、ほとんどの方が、老人施設で受け入れられる方である印象を、畑田は受けました。ここで問題なのが、医師や看護師、等が、常駐する病院で長期入院されますと、普通の老人施設で入院されるより、コストが掛かりますので、如何なものか、っと、思ってしまいました。(これがいわゆる社会的入院ってやつですね、、、こちらの病院の場合は、病院の経営上の問題もあるのかな?っと、感じましたが、、、)
最近、様々な病院や施設に伺う機会がありますが、先程、例に挙げたような矛盾、っと、言いますか、社会保障制度を圧迫しているような状況が、見受けられますので、社会保障制度を持続するためにも、制度の見直し、つまり改革が必要なのでは、っと、思います。(もちろん改革の過程では、様々な問題が起こってきますが、これは丁寧に対処していけば良いだけの話であって、そこまで不安に感じる必要はないのでは、っと、感じております。)
何より、先程の病院を例に挙げますと、長期療養をする設備が整っている場所ではありませんので、治療が必要ない方ですと、逆に、生活に不自由が生じてきますので、制度の改革は、利用者側にとってもメリットがあることを、丁寧に説明していく必要が、あるのではないでしょうか。
【オススメ関連記事】
▼低負担高福祉はありえない「社会保障 負担増」です。
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1809189.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

業種間の垣根を越えて交流を「社会的抑圧」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は雨。気温27.3℃/湿度87%、雷がゴロゴロっと鳴りながら、激しく雨が降っています。
今日は、業種間の壁が利用者を不幸にする、「社会的抑圧」に関してです。
日常生活に問題があり、何らかのサービスが必要な高齢者の方が、サービスを受けない理由に、社会的抑圧があります。それでは利用者を不幸にする、社会的抑圧とは何でしょうか?
・広く一般に援助サービスが認知されていない。
・専門職間の情報交換が不十分なため、他の分野に適切な紹介がされない。
上記の2点が、社会的抑圧になります。皆さんも知っていれば、損しなかった、手間が掛からなかった、等、等、こんな経験が、1度はあるのではないでしょうか。
畑田は上記の2点に、さらに1点加えるとするなら、知っていても意図的にその情報を提供しない、こちらが加わると思います。なぜ?知っていても情報提供しない?紹介しないのか?
畑田が感じるのは、業種間に変なプライドがあったり、利用者の方を他のサービスに流すと、自分の売上げが下がる、等、等、どうでも良い理由で、情報提供しない、利用者を囲い込む、等、利用者にとっては、とても、とても、とても、マイナスな状況に陥ってしまいます。
社会的抑圧を予防するためにも、業種間の垣根を越えて、変な壁は作らず、変なプライドは持たず、積極的に交流して行ければ、予防できるのではないでしょうか。(そんな感じで、他職種の方も積極的に畑田のブログ見てね。)
【オススメ関連記事】
▼他業種から学ぶ「安全対策」です。
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1223673.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

「訪問診療偽装・架空診療所」ダブった印象が・・・

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温26.6℃/湿度90%、これだけ湿度が高いと、朝から蒸し暑さを感じます。
昨日の朝日新聞に、架空の歯科診療所を設け、訪問診療の報酬を請求していた、不正請求の疑い、こんな記事が、掲載されていました。不正請求の疑い、、、どこかで聞いた話ですが、先日、ブログで取り上げました、医師の訪問診療偽装、記事を読んでいて、ダブった印象が畑田にはありました。
▼鍼灸師が新聞1面を飾るのは不祥事なのか、、、残念です。
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1813393.html

▼架空診療所。ペーパー病院って、やつですな~、、、
朝日新聞・架空診療所朝日新聞・架空診療所
◆2013/9/2-朝日新聞-1・38面に掲載。記事の取り扱い方も似てる。。。

前回の訪問診療偽装、今回の架空診療所の件、厚生労働省が調査するとしていますが、畑田が考えるに、社会保障制度が見直されている今、国としては、ここら辺のグレーゾーンで診療している、診療所を整理したいのでは?っと、畑田は記事を読んで考えております。
あくまで疑いなので、架空診療所に関しては、コメントしませんが、架空診療所、ペーパー診療所、グレーでOKって考えではなく、良識を持って考えれば、答えは決まっているのではないでしょうか。
【オススメ関連記事】
▼平成25年5月~「鍼灸保険の療養費改定」です。
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1801317.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

鍼灸師が新聞1面を飾るのは不祥事なのか、、、残念です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温24.2℃/湿度88%、だんだん夜明けが遅くなってきていますね。
先日の朝日新聞に、鍼灸師の不正請求の疑いに関する記事が、掲載されていました。記事の内容を読むと、現段階では疑いになりますが、医療コンサルタント会社・医師・鍼灸師が、保険診療の不正請求を行っていたようです。

▼鍼灸師が新聞1面を飾れるのは不祥事だけですかね。良いことで1面を飾りたい。
朝日新聞・不正請求朝日新聞・不正請求
◆2013/8/26-朝日新聞-1・39面に掲載。

まだ疑いの段階になりますので、不正請求の内容に関しては、コメントは控えさせて頂きますが、畑田が残念に思うのは、疑いにしろ、鍼灸師が新聞1面を飾れるのは不祥事だけなのか?こう思ってしまいます。今まで何年新聞を読んできたのか分かりませんが、鍼灸師が新聞に掲載される時は、良い記事より、悪い記事の方が、畑田の印象としては、圧倒的に多いと思います。
これから厚生労働省が調査を行うそうですが、何かの間違いであってほしいと、願っております。(また何らかの事実が分かれば、ブログで書いていこうと思いますので、)
【オススメ関連記事】
▼平成25年5月~「鍼灸保険の療養費改定」です。
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1801317.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

新カテゴリ「畑田篤人の小言」を追加しました。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は曇り。気温20.4℃/湿度95%、この時間の横浜は雨は止んでいます。
新しいカテゴリに、「畑田篤人の小言」を追加しました。追加した理由としては、以前は、畑田の気になる、興味のある、又は、プライベートでの気付き、そんなことは、フェイスブックに投稿していましたが、今年に入り、フェイスブックを辞め、ツィッターも辞めましたので、投稿する場所がありませんでした。
そこで新カテゴリー、「畑田篤人の小言」を追加することにより、鍼灸・医療・介護関連情報以外を発信する場所として、「畑田篤人の小言」を追加しました。
新カテゴリー初投稿のブログテーマは、8月25日に行われました、横浜市長選に関してです。

▼畑田の地元、横浜市長選ですが、投票率最低の29%です。
日経新聞・横浜市長選
◆2013/8/26-日経新聞-2面掲載。

先週末行われました横浜市長選ですが、現職市長である、林文子市長が、ぶっちぎりで当選されました。ここで残念なのは、投票率が過去最低の29%だったことです。確かに今回の市長選は、林文子市長が、自民・公明・民主の推薦を受けており、他の候補者は、共産党推薦の方と、無所属の方の2名であり、誰もが、現職である林市長が勝つことが分かりきっている状況で、投票に行くのは確かに微妙だとは思っていました。
畑田は期日前投票で済ませましたが、たまたま25日、投票所の前を通ると、係りの人がいましたので、「投票する人来てますか?」っと、聞くと、苦笑いしながら、「少ないです。」っと、言っており、投票所の中を見てもガラガラの状況でしたから、朝刊でこの記事を見た時に、そりゃそうだよな~っと、思いました。
今、日本は課題が山積みの状況です。日本が山積みなのですから、横浜市も同じく課題が山積みだと思います。先日の新聞に、日本の借金が1000兆円を突破、なんて記事が掲載されていましたが、日本の借金である=日本国民の借金になります。畑田も借金を背負っている1人になります。
よくこの1000兆円の借金の話をしますと、テレビや新聞等では、「日銀が国債を買い取るから大丈夫」、又は、「1500兆円の個人資産があるから大丈夫」、等、言っている人がいます。畑田は経済のことは知りませんが、そんな都合の良いことがあるとは、とても思えません。
自分の生活に置き換えてみると、好きなだけ借金してお金を散在して、「銀行が肩代わりしてくれるから大丈夫」、「親や親戚が面倒見てくれるから大丈夫」、こんなことがまかり通るのでしょうか?とても普通の感覚からして、筋が通らない話だと思います。
とある方のツィッターを見ていたら、こんな言葉がありました。「今ある日本の豊かさは、全部借金である」。読んでいて、ごもっともだと思いました。過度に不安を煽る訳ではありませんが、日本国民が、もっと危機感を持つ必要はあるではないでしょうか。そして危機感があれば、もう少し、投票率がアップするのでは?市政に興味を持つのではないかと思います。(いつも好き放題ブログを書いていますが、小言だと長いね~、、、今年30歳、畑田篤人。小言が長いのはオジサンになった証拠かな?)
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)