「税収減・扶助費増加・進む高齢化」市町村厳しい財政運営です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温18℃/湿度81%、数度違うだけで、いつもより暖かく感じる朝ですね。
昨日の朝日新聞に、神奈川県内・市町村の財政運営が厳しい、こんな記事が掲載されていました。記事を読んでみると、神奈川県内・33市町村の決算をまとめて公表した結果、※1:経常収支率は過去最悪の93.2%であり、扶助費の増加に加え、税収が伸び悩み、加えて進む高齢化、財政運営が厳しいとのこと。※1:経常収支率とは、市町村が自由に使えるお金であり、数字が低いほど、自由に使えるお金が多いそうです
記事をさらに読み込むと、人件費を削減したり、仕事を外部委託したりする等して、どうにか支出を減らすのですが、扶助費(生活保護費)の高止まり、進む高齢化により(社会保障費の増加)、対応しきれいないとのこと。

▼これは神奈川だけでなく、全国的な問題です。
朝日新聞・市町村財政の硬直化
◆2013/10/21-朝日新聞29面に掲載。

う~ん、、、記事を読んでみて畑田が感じるのは、今のままでは、税収が減り続け・扶助費は増加し続け・社会保障費は増加し続ける、この流れは変わらないと思います。だいぶ前からかもしれませんが、日本は大きな転換期に入っていると思います。人口は増え続け・経済も右肩上がりの時代では、今までのやり方で上手くいったのかもしれませんが、人口が減り・高齢化が進み・経済も成熟しきっており、どちらかと言いますと、税収が減り続ける今の時代では、財政運営とか・やり方とか、そんな小手先の問題ではなく、根本と言いますか、国や市町村のあり方と言いますか、形自体を変えないと、どうにもならないと思います。
国の借金や市町村の財政運営・社会保障費の問題、等をテーマに書きますと、文章が暗くなってきますが、先日、文藝春秋を読んでいましたら、「風立ちぬ」の宮崎駿氏が対談で、自分が若い頃は、人口が増え続けていることが社会問題となっていた、こんなことを言っているくらいですから、いつの時代も、多かれ少なかれ問題はある訳であって、皆で知恵を絞って、汗かいて実行して、問題を解決して行けば良いのだと思います。
長々とすいませんが、たまには長文にチャレンジしないと、脳みそ使わないですから(畑田の場合)、そんな調子で、今日も頑張りましょう!とりあえず、何かやるっきゃない!
【オススメ関連記事】
▼平成72年 人口8,674万人 人口減少時代をどう乗り切るのか?
http://20080728.blog.jp/archives/1779182.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

朝日新聞~「体力自慢の高齢者が増加」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は曇り。気温15.7℃/湿度61%、肌寒く感じませんので、だんだんこの気温に体が慣れてきましたかね。
先日、朝日新聞に、「体力自慢の70代増加」。こんな記事が、掲載されていました。記事の内容を読んでみると、70代の体力は、ここ12年で5歳ほど若返った。文部科学省が13日に発表した「体力・運動能力調査」で高齢者の体力の向上ぶりが分かった。とのこと。※下線部:朝日新聞記事から引用。

▼体育の日らしい、運動に関する記事です。
日経新聞・高齢者の体力向上
◆2013/10/14-朝日新聞1面に掲載。

記事を読んで畑田が思うことは、元気な高齢者の方が増えるのは、良い傾向だと思います。年齢を重ねれば重ねるほど、健康であることの大切さが、身に染みて分かるのでは?っと、記事を読んで思います。昨日、ちょうどブログで書きましたが、介護保険法・第4条では、「国民の努力および義務」に、健康の保持・増進に努めること。っと、明記されています。(介護保険は、65歳から利用できますが、体力自慢の70代が増え、介護保険の利用を先延ばしできれば、社会保障費の軽減に繋がりますし、健康でいられるし、まさに一石二鳥です。)
ちょっと中途半端な感じですが、今日は文章が思いつかないので、これで〆ます。それでは失敬、失敬、、、
【オススメ関連記事】
▼介護保険・利用者側の心得「国民の努力および義務」とは?
http://20080728.blog.jp/archives/1819571.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

過度な使用は注意「ネット依存」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は曇り。気温18.1℃/湿度78%、先週は夏日が続きましたが、今週はこの時期らしいお天気になるのでしょうか。
今日は、現代病の「ネット依存」に関してです。
最近、畑田は、特別なことがない限り、休日は携帯電話・スマートフォンは持たないようにしております。パソコンにも極力触らない、そんな休日を過ごしています。確かに、不便を感じることはありますが、パソコン・スマホに触りますと、どうしても仕事のメールをチェックしたり、仕事のことを考えたりしますので、あえて、IT機器から距離をとっております。
そんな時、知った言葉が、「ネット依存」でした。ネット依存とは、インターネットのし過ぎが原因で、健康や生活に何らかの問題が起こること。っで、あり、今や「ネット依存治療部門」なる、外来があるくらいですので、現代病&社会問題。っと、なっております。(ここでの社会問題とは、ネットでの誹謗中傷が原因で、何らかの事件が起こることは、珍しくなくなってきている傾向にありますから、社会問題、っと、の言葉を使わせて頂きました。)
確かにネットは便利ですし、今や仕事、生活するのに、必要不可欠、っと、までは言いませんが、現代社会で生活する以上、何らかの恩恵を受けていると方が多いと思います。しかし、先程述べましたが、現代病となり、社会問題にまで発展する状況になっておりますので、上手に付き合っていく必要があると思います。
過度な使用は注意「ネット依存」。皆さんも1度、ネットとの付き合い方を見直してみてはいかがでしょうか。(畑田もHPを自分で作成し、ブログ、一時はフェイスブック、等、SNSも使っていましたが、今は逆にネットの使い方を見直しておりまして、ネットとの関わり方を、薄くしてきております。関わりを薄くしてみて感じたことは、イライラしなくなって、気持ちに余裕がでてきた気がしますかね。皆さんも1度、お試しあれ。)
・久里浜医療センター/ ネット治療部門(TIAR):http://www.kurihama-med.jp/tiar
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

「肩凝り」は日本独自の表現です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温23.8℃/湿度85%、10月ですが夏に戻ってしまった陽気ですね。
今日は、日本独自の表現、「肩凝り」に関してです。
「肩が凝る」。こちらの表現は、日本独自の表現になります。「外国人は肩が凝らない」。こんなことを聞きますが、外国では、「肩が凝る」。っと、言うのではなく、「肩が痛む」。pain(痛み)で表現します。
肩凝りをyahoo百科辞典で調べてみますと、肩がだるい、重苦しいといった不快感があって、同時にこわばった筋肉をもんだりすると気持ちのよいものの俗称で、不定愁訴(しゅうそ)の一つとしてもよくみられる。※下線部:yahoo百科辞典より引用。
残念ながら、どんなに辛くても、肩凝りは医学的には、不定愁訴で片付けられてしまいます。しかし、不定愁訴で片付けられては、困る方が多いのが実情です。そんな時、肩凝りの症状を緩和する1つの手段として、鍼灸治療を考えても悪くないと思います。
「肩が凝る」。2019年:ラグビーワールドカップ開催。2020年:オリンピック開催する日本では、「お・も・て・な・し・」だけではなく、「か・た・こ・り・」。「肩凝り」も日本独自文化として、世界にアピールしてみるのも、面白いのではないでしょうか。
【オススメ関連記事】
▼肩こりのポイント「肩外兪穴」です。
http://20080728.blog.jp/archives/1818486.html
▼肩こりのポイント「肩井穴」です。
http://20080728.blog.jp/archives/1808570.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

医療従事者は公金感覚が必要です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は夜明け前。まだ真っ暗です。気温20.9℃/湿度94%、寒暖の差が激しいからか、蒸し暑く感じる朝です。
昨日の朝日新聞に、認知症高齢者への、過剰診療に関する記事が、掲載されていました。
▼朝日新聞デジタル:認知症入居者に過剰診療か 家族了解なく毎日訪問 岐阜
http://www.asahi.com/national/update/1006/TKY201310050379.html?ref=com_top6
(いつもは新聞記事をスキャンして、写真としてアップするのですが、焼きソバを食べながら新聞を読んでいたら、汚れてしまったので、デジタル版のリンクを表示しております。)
デジタル版の記事の走りを読んで頂ければ、内容が分かると思いますので、内容は省略しますが、畑田が感じるに、過剰診療は医療保険では珍しくないと感じます。畑田も実際、無駄に感じる、医療保険・介護保険の使い方をしている?っと、感じる現場に遭遇したこともあります。
介護保険は、医療保険に比べると、チェック機能がまだ多いので、過剰な保険利用を防ぐことができますが、医療保険の場合、保険ルール解釈によって使うことができますので、グレーな使い方ができる印象があり、取り締まる側も厳しいと思います。(水増し請求、等、あきらかな不正は取り締まることができますが、今回のような過剰診療ですと、医師が必要と判断すれば、本人(認知症高齢者)が診察を拒否しなければ、理屈は通りますから、、、)
医療保険にしろ、介護保険にしろ、人間が利用する保険になりますので、どうルールを厳しくしようとも、グレーな部分がどうしても存在してしまいます。(人が利用しますので、ある程度、幅が存在しないと、特別な事情がある場合、対応できなくなってしまいます。)
そこの幅の部分に関しては、公金を取り扱う側の良識が試される部分だとも感じています
来年の4月には消費税増税が決まりました。増税分は、社会保障費にまわされる予定ですが、医療保険や介護保険を取り扱う側が、しっかりしないと、増税分が無駄になってしまいます。
医療従事者・介護従事者、そして公金に触れる人間は、良識を持った判断をしないと、いくら増税しようが、なにをしようが、全てが無駄になりますし、ホント日本が良くなりませんから、医療保険・介護保険は、※1:保険料を納めた者に、利用する権利があるとともに、公金であることも、しっかりと意識しましょう。
※1:ちょっと厳しい言い方になりましたが、もちろん特別な事情がある方は別になります
【オススメ関連記事】
▼記事カテゴリ:「畑田篤人の小言」
http://20080728.blog.jp/archives/cat_49897.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

「師」は鍼灸師の「師」です。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は小雨。傘を差さなくても大丈夫です。気温21.1℃/湿度95%、過ごしやすい朝です。
今日は、鍼灸師の「師」に関してです。
鍼灸師は、正確に言い換えますと、はり師・きゅう師の2つの資格が合わさって、鍼灸師と言いますが、ここで注目したいのが、鍼灸師の「師」の部分です。「師」がつく資格は、医療職で言いますと、医師・看護師・薬剤師、等、等、になりますが、そもそも「師」とは?どんな意味なのでしょうか?
・「師」:技術・技芸などを表す語に付いて、その技術の専門家であることを表す。※下線部:yahoo辞書から引用。
接尾語で「師」がつきますと、上記の意味になります。つまり、はり師は鍼の専門家、きゅう師は、お灸の専門家であることを意味します。
鍼灸師の「師」は、ただ後ろにつけてあるのではなく、その技術の専門家であるのですから、日々、技術を磨いていかなければ、鍼灸師の「師」に、恥じることになりますね。「師」の意味を知ることにより、身が引き締まります。
【オススメ関連記事】
▼畑田の鍼灸養成校時代を少し振り返って
http://20080728.blog.jp/archives/1808077.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

鍼灸治療で「違和感・不快感」の解消を!

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は曇り。まだ雨は降っていません。気温21.8℃/湿度66%、なんかしっくりこない朝ですね。
今日は、体にとって嫌な言葉、「違和感・不快感」に関してです。
違和感、不快感、どちらも体にとっては、嫌な表現になります。
・違和感:しっくりしない感じ。また、ちぐはぐに思われること。
・不快感:快的でない感じ。身体的異常、欲求が満たされない状態、不安などが原因となって起こる感情。
違和感、不快感を、yahoo辞書で調べてみると、上記2点のように書かれています。どちらかと言いますと、違和感、不快感は、身体の微妙な不調を訴える言葉だと考えられます
「違和感」。「不快感」。を感じたら、鍼灸治療で解消して行く必要がありますね。(違和感や不快感を訴えている時、状態によりますが、スッーっと、聞き流してしまうことが多いんですね。しかし微妙な不調を訴えているわけですから、ちゃんと丁寧に対応しなければいけませんね。自分でブログを書きながら、反省してしまいました。)
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

愛犬に学ぶ「秋疲れ対処法」とは?

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温25.9℃/湿度68%、スッキリ晴れた気持ちの良い朝です。
先日、畑田の愛犬を眺めていて、あることに気がつきました。それは、夏の疲れがでやすい、今、秋の過ごし方、秋疲れの対処法でした。

▼こちらが、畑田の可愛い可愛い愛犬2匹です。
畑田の愛犬
◆奥がメス犬のアブリルちゃん。手前がオス犬のファルコンくんです。

ある日、散歩に連れて行こうとすると、オス犬は散歩に行くのですが、メス犬は散歩に行こうとしませんでした。「散歩に行くよ」。この言葉を発すると、いつもは、嬉しそうに玄関に走っていくのですが、この日は、メスのアブちゃんは、ソファーに寝転がったまま、抱えて玄関に連れて行っても、部屋に帰っていく?今日は散歩したくないのかな?っと、思い、オスのファルちゃんだけ、散歩に連れて行きました。
どうしたんだろう?散歩中に考えていると、あることに気がつきました。夏場は、犬が熱中症になってはいけないと思い、クーラーを効かせた部屋で留守番させ、それに加え今年の猛暑、もしかすると、アブちゃんは、夏の疲れを感じ、散歩に行くより、今日は部屋で休み、体力を温存する方法を選んだのでは?本能的に、秋疲れにならないよう、休息を選択したのでは?っと、思いました。(人間なら、体が疲れていても、仕事だろうが遊びだろうが、無理すると思います。いくら体が悲鳴をあげていようが、、、)
夏の疲れがでやすい、今、秋疲れの対処法、シンプルですが、体の声に正直に耳を傾け、疲れている時は、休む、休息する、サボる、ちょっと力を抜く、怠けているように聞こえますが、秋を越え、厳しい寒い冬を乗り越えるためにも、必要なのではないでしょうか。
【畑田の愛犬・関連記事】
▼極上の寝心地で極上の鍼灸治療を!
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1805401.html
▼鍼を安全に処理する「医療廃棄物業者と委託契約」
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1745250.html
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

日経新聞~「敬老政治」、40年の背伸び、保身はダメ・ダメ!

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は晴れ。気温20℃/湿度44%、気温より湿度の低さが気になりますね。昨日の台風が、いっきに季節を秋に変えたのでしょうか。
昨日の敬老の日、高齢者の人口推移に関する記事を、掲載している新聞が、多かった印象ですが、65歳以上の高齢者が、毎年でありますが、過去最高とのこと。65歳以上の人口が、25%を突破したとのことで、4人に1人が高齢者になる、こんな記事が、各紙、掲載されていました。

▼日経新聞の核心、「敬老政治」。ホントそうだと思う、、、
日経新聞・核心・敬老政治
◆2013/9/16-日経新聞-4面に掲載。

畑田のスキャン機能だと、A4までしかスキャンできませんので、記事が切れてしまって申し訳ありませんが、日経新聞の核心のタイトルが、「敬老政治」、40年の背伸び、こんなタイトルなのですが、本当に的を射ている、っと、思います。記事の内容はタイトル通りで、高齢人口の増加&高齢者の投票率の高さ、~議員の方々は、当選するためには、制度に矛盾が孕んでいようが、限界だろうが、当選するためには、高齢者の方々に聞こえの良い政策を実施しなければ、議員として生き残れない、その積み重ねが、今の日本の社会保障制度の持続性&財政の逼迫する事態に、つながってしまった、こんな感じの内容が、書かれていました。
先程、人口推移について書きましたが、現在は4人に1人が65歳以上の高齢者ですが、2035年には、全人口の30%が、65歳以上の高齢者になる、っと、推計されています。(65歳以上の方々が増えても、その分、年少者が増えれば良いのですが、むしろ年少者は減少すると推計されていますので、少子超高齢化がさらに進みます。)
最近、思うんです。年齢を重ねてくると、人間、身の保身に走るんだな、っと、命を守ること、安全な場所で生活すること、人間の性であるとは思うんですが、今の日本のこれからを想像しますと、1人1人の身の保身を考えている状況ではないと思うんですね。
これから6年後の2019年には、ラグビーワールドカップが開催され、7年後の2020年には、東京オリンピックが開催されます。世界3大スポーツの祭典と言われる大会が、2年連続であるのですから、経済効果も凄いとは思うのですが、7年後に大きな祭典があるのだから、ウハウハで行くのではなく、国民の気分が高揚傾向である、この7年間に、社会保障制度の改革だけではなく、様々な日本の矛盾に、メスを入れていく必要があるのではないでしょうか。(この7年間、昔ながらの既得権にしがみついている方々だけが、潤う7年間では、ダメだと、畑田は感じています。)
【オススメ関連記事】
▼朝日新聞~「横浜市 将来像 2035年10人に3人65歳以上」
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1779702.html
———————————————————————————————–
◆講演・鍼灸体験会をご希望の施設・団体 ※鍼灸体験会風景を動画にて公開!
らいおん鍼灸院では、鍼灸の普及・啓発を目的に、講演・鍼灸体験会を開催しています。
講演・鍼灸体験会を一緒に開催させて頂ける、施設・団体などを募集しています。
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)

横文字専門用語ではなく日本語で伝えよう。

おはようございます。らいおん鍼灸院/鍼灸師/介護支援専門員の畑田篤人です。只今の横浜は雨。気温28.2℃/湿度77%、台風の影響か?気温は高いですが、この時間の横浜は、雨はパラパラしている程度です。
ライブドアブログでは、ブログの管理画面に、前日に読まれた、人気記事が1位~5位まで表示されているのですが、畑田のブログで、1番読まれているのが、専門用語を解説している記事になるのですが、、、
▼「ストレングス」職種により意味が変わりますね!
http://blog.livedoor.jp/hata1983/archives/1623833.html
ある日、ふっと気がついたのですが、横文字の専門用語を使うのは、使っている本人、又は、同業種間では伝わりやすいのでしょうが、一般の人からすれば、専門用語で言われても、難しい印象を受けるだけで、微妙なのでは?っと、思ってしまいます。(専門用語を使えば、もっともらしいことを言っている気がするし、逆に言えば、分からず使っていて、胡散臭い感じがするし、、、どうなのでしょうか。)
例えば、介護支援におけるストレングスなら、、、?
・本人、周りの環境におけるプラス面(強み)。
・このプラス面を、伸ばす、活かすことにより、自立支援に繋げる、考え方。
上記2点をまとめて、上手く伝える表現を考えれる努力をした方が、良いのでは?っと、思ってしまいます。今パッと、良い例を示せませんが、横文字専門用語の使い方、1度、自分の中で、横文字専門用語で誤魔化していないか?ちゃんと理解しているのか?再確認する必要が、あるのではないでしょうか。
———————————————————————————————–
◆施術を希望される患者さんへ
らいおん鍼灸院は、横浜市を中心に出張している、出張治療専門の鍼灸院です。
【 出張実績エリア 】 ・横浜市内:神奈川区/中区/西区/都筑区/金沢区/瀬谷区/南区/磯子区/保土ヶ谷区/旭区/港北区/戸塚区/鶴見区/緑区・横浜市外:横須賀市秋谷/ 鎌倉市大船/ 川崎市麻生区
※詳細な出張実績エリアは、 よくある質問32に掲載!
◆HP: http://lionshinkyu.com
◆お問い合わせは、/ TEL:045-451-5850/ E-mail:yokohama@lionshinkyu.com
※迷惑メール対策のため、E-mailは、アドレスをコピーしてお使いください。
———————————————————————————————–
Copyright (C) 2011-2013 Lionshinkyu All Rights Reserved
(著作権は、らいおん鍼灸院 畑田篤人に帰属。無断転載禁止)