雀がツツクように刺激する「雀琢(じゃくたく)」です。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜は雲が少し多いですが、晴れていますよ。今日も予想最高気温34℃で、暑くなりますので、暑さ対策をしっかりとしましょう!
今日は、鍼灸手技療法「雀琢(じゃくたく)」をテーマにします。
鍼治療では、鍼を打って置く置鍼だけでなく、鍼を打って電気を流す低周波通電療法や、鍼を打って直ぐに抜く単刺など、色々な手技があります。
今日紹介する雀琢は、読んで字の如く、雀がツツクように鍼を動かして刺激を加える手技になります。
★鍼灸手技療法、雀琢(じゃくたく)とは?
☆鍼を刺入し、雀がツツクように鍼を上下させ刺激を加える手技になります。
☆鍼を上下させるスピード、時間、刺入深度などで刺激量が決定します。
★写真は、置鍼している鍼にクリップをつけて、電気を流す低周波通電療法。↓↓↓
P1020354(1)
★写真は、鍼を打って目的の深さまで刺入して、数分間置く、置鍼です。↓↓↓
P1020409(1)
★写真は、鍼を刺入していますが、雀琢をする時は、こんな感じで鍼を上下させます。↓↓↓
IMGA0003
★鍼灸治療は色々な手技がありますが、一番は患者さんに合った手技を選択することが大切になりますね!
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「鍼灸手技療法」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★お問い合わせは、コチラ↓↓↓
このWedサイトについてのご意見、ご感想などは、メールで送りください。

鍼の刺入深度、深さはどれくらいですか?

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜はスッキリ晴れていますよ!今日もいい天気ですが日中は暑くなりますので、暑さ対策をしっかりとしましょう。
今日は、鍼の深さ「鍼の刺入深度」をテーマにします。
鍼灸師ならどれくらいの深さまで鍼を刺入していくか分かりますが、一般の人は、どれくらいまで鍼が体に入っていくのか、疑問だと思います。
鍼の深さ、浅さは、鍼の刺激量を決定する要素になりますので、重要になります。また鍼を打つ部位により深い、浅いが決まります。
★鍼の刺入深度での刺激量とは?
☆鍼の刺入深度が浅いほど刺激量が弱い。
☆鍼の刺入深度が深いほど刺激量が強い。
★お尻の環眺穴付近に置鍼しています。お尻は脂肪や筋肉が厚いので、比較的深く打てます。
P1030491
★足三里、ヒラメ筋を狙って置鍼しています。お尻より浅く鍼を打っています。
P1030485
★写真を比べて分かるように、部位により鍼の深さ、浅さは変化してきます。鍼の深さ、浅さを決定する要因は、鍼を打つ部位と刺激量ですね。
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「刺入深度」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★お問い合わせは、コチラ↓↓↓
このWedサイトについてのご意見、ご感想などは、メールで送りください。

お灸の熱さは捻りぐあいでコントロールします。

こんにちは。鍼灸師の畑田篤人です。今日はお昼の更新になります。今日も暑いですね。横浜は予想最高気温35℃。すでに気温も上がり暑くなっていますので、熱中症に注意しましょう。
今日は、お灸の刺激量を調整する「お灸の捻りぐあい」をテーマにします。
お灸=熱い=やけど。 お灸=熱い=おしおき。
こんなイメージが一般の人には強いと思いますが、お灸も施術者の手技やモグサの質などで、熱さをしっかりとコントロールできます。
★お灸の熱さ、刺激量の調整の仕方!
☆モグサの大小 → 大きくなるほど刺激が強い
☆捻りの硬さ → モグサを捻る硬さが硬いほど刺激が強い
☆モグサの壮数 → モグサを燃やす壮数が多いほど刺激が強い
☆お灸の施術法 → お灸の手技により刺激量が違う
★写真はモグサを捻っていますが、見えるでしょうか?
IMGA0014
★お灸=熱い、熱さ、刺激量を調整することにより、熱いを心地よい熱さに変えられますので、お灸=熱い、このイメージが少しでも変わってくれると良いですね!
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「鍼灸治療事例・鍼灸治療適応疾患」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★お問い合わせは、コチラ↓↓↓
このWedサイトについてのご意見、ご感想などは、メールで送りください。

鍼治療の流れ、手順です。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜はスッキリ晴れていますよ!今日から9月、まだまだ残暑が続きますので、暑さ対策をしっかりとしましょう。
今日は、鍼治療の流れ「鍼治療の手順」をテーマにします。
どんな仕事でもそうですが、作業の流れ、手順などがあると思います。もちろん鍼灸治療にも、施術のある程度の流れ、手順はあります。
★鍼治療の流れ、手順!
1 鍼を打つ部位を消毒する → 2 鍼を打つ部位を前揉捻する → 3鍼を打つ部位に押手を作る
4 押手に鍼菅を置く → 5 切皮する → 6鍼を刺入する → 7 置鍼・単刺など手技を加える
8 鍼を抜鍼する → 9 鍼を打った部位を後揉捻する → 10 鍼を打った部位を消毒する
この1~10までが、基本的な鍼治療の流れ、手順になります。
★写真は、足三里、陽補、承山、ヒラメ筋に置鍼しています。バランスよく鍼を打てていますね。
P1030486(1)
★どんな作業でも流れ、手順はあると思います。鍼治療の流れ、手順を知ることにより、少しでも鍼治療のイメージができますかね?
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「鍼灸治療事例・鍼灸治療適応疾患」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★お問い合わせは、コチラ↓↓↓
このWedサイトについてのご意見、ご感想などは、メールで送りください。

高齢者の鍼灸治療の評価に「ADL」使いやすいですね。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜は晴れです。
一昨日くらいから気付きましたが、夜、鈴虫が鳴いていますね。昼はセミ、夜は鈴虫、毎日残暑が厳しいですが、少しずつ秋にむかっていますね!
今日は、高齢者の鍼灸治療の評価に使える「ADL」をテーマにします。
鍼灸治療をする時に患者さんの状態を評価しますが、若く元気な人なら体を実際に動かしてもらい評価できますが、お年寄りの人は、あまり無理に体を動かして評価すると、それだけで症状が悪化したり、疲れてしまいます。
そこで高齢者の鍼灸治療の評価に便利なのが、ADLになります。
★基本動作、日常生活動作(ADL)、手段的日常生活動作(ISDL)とは?
☆基本動作 → 寝た状態から起き上がり、立ち上がって歩くまでの動作です。
☆日常生活動作(ADL) → 食事、排泄、着替え、整容、入浴、起居動作の6動作が一般的です。
☆手段的日常生活動作(IADL) → 家事、買い物、金銭管理、趣味活動、公共交通機関の利用などなど。
高齢者の方は、全身症状を訴えてくる事が多く日常生活でどれくらい動けているか確認、評価するには、基本動作、ADL、ISDLを使うと分かりやすく評価・整理できるので便利です。
高齢者の鍼灸治療の評価にADL、評価時の患者さんの負担も少なく便利ですね!
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「機能評価」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★お問い合わせは、コチラ↓↓↓
このWedサイトについてのご意見、ご感想などは、メールで送りください。

触診、鍼灸師の大切な技術です。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜は曇りです。
今日は、鍼灸師の大切な技術のひとつ「触診」をテーマにします。
触診は身体所見のひとつで、手で触って異常がないかを調べる技術になります。
触診。その意味を辞書で調べてみました。
★触診とは?(ヤフー辞書から引用)
☆医師が手や指で患者の身体に触って診断すること。
ちょっと説明がシンプルなので補足をします。
★鍼灸鍼の畑田篤人が考える触診とは?
☆患者さんの体に手で触れて、診察する方法です。皮膚、皮下組織、筋肉、骨、関節、内臓臓器などを触診します。
☆触診では患者さんが異常を訴える部位や、施術者が見て異常のある部位を調べます。
☆触診は知識も必要ですが、感覚が重要になりますので、経験が必要です。
触診=患者さんの体に触れる。
鍼灸師の基本であり、患者さんに触れることなく鍼灸治療をすることは不可能です。
鍼灸師の基本である触診技術。畑田も経験を積んで触診技術を極めたいですね。
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「身体所見」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★お問い合わせは、コチラ↓↓↓
このWedサイトについてのご意見、ご感想などは、メールで送りください。

得気(とっき)→鍼感、感覚の世界です。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜は曇りです。
今日は、鍼の感覚の世界「得気(とっき)」をテーマにします。
鍼の刺激の感覚を聞いてみると、みなさん色々な言葉で表現します。
「ズゥーンとする」
「電気が走るような感じです」
「ピリピリします」
「重い感じがします」
「すごく響きます」
みなさん色々な言葉で鍼の感覚を表現してくれます。
この鍼の感覚を東洋医学では、得気(とっき)と呼びます。
この得気、鍼灸医学辞典で調べてみました。
★得気(とっき)→鍼感、鍼灸医学事典では、こう書かれています。↓↓↓
P1040205(1)
★感覚の世界なので、これ以上書きようがないんですね。
人もそれぞれ違うように、鍼の感覚も人それぞれ違います。ちょっとまとまりのない文章ですが、みなさん得気の意味が分かったでしょうか?(やはり感覚の部分を言葉で表現するのは難しい)
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「鍼の感覚」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★お問い合わせは、コチラ↓↓↓
このWedサイトについてのご意見、ご感想などは、メールで送りください。

鍼灸師の基本「解剖学」です。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜は曇りです。
昨日は暑かった。東京は38℃まで気温が上がったそうですね。今年は残暑が厳しくなりますので、暑さ対策をしっかりとしましょう!
今日は、鍼灸師の基本「解剖学」をテーマにします。
鍼を安全に打つには技術だけでなく、医療知識も必要になります。
体の構造を知っていなければ、鍼をどこに打ってよいのか分からず、打ち方を知っていても、安全に刺鍼することはできません。
安全に鍼を打つ。そこで重要になるのが解剖学になります。
★解剖学とは?(ヤフー百科事典から引用)
☆解剖によって生物体の組織や器官の配置、相互関係、および構築を調べることを主要な目的とする学問をいう。
★写真は、「内側広筋」畑田が愛用する機能解剖学の書です。
P1030112
★組織や器官の配置、安全に鍼を打つには、重要です。正しい知識も安全対策ですね!
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「安全対策」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★各種ランキング 参戦中 応援お願いします!
blogram投票ボタン</a></p>
	</div><!-- .entry-content -->

	<footer class= yokohalio2240com6866投稿日: カテゴリー 鍼灸のお話し

「鍼管(しんかん)」鍼を打つ時に使います。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜は晴れです。
今日は暑くなりますよ~、横浜の予想最高気温34℃、東京では36℃の予想になっています。今日は猛暑日になりますので、暑さ対策をしっかりとしましょう!
今日は、鍼を打つ時に使う「鍼管(しんかん)」をテーマにします。
鍼管は、管鍼法で鍼を打つ時に使うアイテムです。
★鍼管を使う管鍼法(かんしんほう)とは?
☆鍼管の刺激で切皮痛を軽減します。鍼管に鍼を入れ鍼柄を叩い
 て切皮します。
★鍼管(しんかん)とは?
☆写真で説明します。 コ ・ チ ・ ラ ↓ ↓ ↓
★ステンレス性の六角形の筒状の物が、鍼管になります。
P1020477(1)
★穴があいているのが分かるでしょうか?あいている穴の部分に鍼を入れていきます。
P1020482(1)
★鍼管も色々な形、種類があります。特に畑田は鍼管にこだわりがないですが、先端がソフトな作りになっている鍼管が好きですね!
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「鍼管(しんかん)」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★各種ランキング 参戦中 応援お願いします!
blogram投票ボタン</a></p>
	</div><!-- .entry-content -->

	<footer class= yokohalio2240com6866投稿日: カテゴリー らいおん鍼灸院のお話し, 鍼灸のお話し

目的意識を持って施術に取り組む。

おはようございます。鍼灸師の畑田篤人です。今朝の横浜は曇りです。今日は風が吹いていますが、蒸し暑くなりそうですので、暑さ対策をしっかりとしましょう!
今日は、施術で大切な「目的意識を持って施術に取り組む」をテーマにします。
普段から畑田が鍼灸治療をする時に、意識している事があります。それは、目的意識を持って施術に取り組む事を意識しています。
★なぜ目的意識を持って施術に取り組むのか?
☆何となく施術をすると何となく施術が終わってしまいます。
☆何となく施術をしていると施術が間延びして、施術時間が無駄にながくなります。
この2つの☆を予防するためにも、目的意識を持って施術に取り組む事が、大切だと畑田は考えています。
★畑田が目的意識を持って施術に取り組む事で意識している事とは?
☆時計を見て時間を意識する。(時計を見て時間を意識すると施術も間延びせず締まります。)
☆患者さんの目的はなにか?なぜ鍼灸治療をしているのか?なぜマッサージをしているのか?(施術をしている意味を考えるようにしています。)
この☆2つを意識して、何となく施術をする、施術時間が間延びする、この2つを予防しています。
目的意識を持って施術に取り組む。
鍼灸師だけでなく、勉強や他の仕事でも同じなんじゃないかな~?
オススメ関連記事
鍼灸師 畑田篤人「目的意識」をテーマにしたブログはこちら!
はり きゅうの疑問 CMサイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問CMサイトはこちら!
はり きゅうの疑問 YouTube動画サイト
鍼灸師 畑田篤人 はり きゅうの疑問 YouTube動画サイトはこちら!
★ブログポリシー
鍼灸を小学生からお年寄りまで分かりやすく説明します。
毎日元気よく更新する鍼灸ブログです。
★各種ランキング 参戦中 応援お願いします!
blogram投票ボタン</a></p>
	</div><!-- .entry-content -->

	<footer class= yokohalio2240com6866投稿日: カテゴリー らいおん鍼灸院のお話し, 鍼灸のお話し